PROTECT あなたの SMILE

明日を、笑顔を守ります。

オフィスやご家庭、街角など、あらゆるシーンでの機械化が進んだ現代社会では
ガードやメンテナンスは必要不可欠です。
私たちは警備という仕事を通して、みなさんの安全・安心な暮らしを
そして明るい明日のための幸せな街づくりを目指します。

最新情報
会社説明会
2017.4.13
こんにちは!

新潟でも桜が満開を向かえようとしていますね。
皆さん新年度が始まり良いスタートが切れているでしょうか?
最終学年、人生の宝物になるような良い1年になりますように…!!

さて就活もそろそろ具体的な選考に進んでいく時期となってきました。
当社でも、第1回目の「会社説明会」を4月24日(月)に控えております。

合同説明会や会社見学会にお越しいただいた方はすでにご存じかと思いますが、弊社の場合、この「会社説明会」出席が、選考審査の入口になります。

応募者は参加必須となっておりますので、機会を逃さないようご注意くださいね。

当日のプログラムは、
╔─────────────────………
║〇社長からのメッセージ
║当社の理念や就活生へ向けたメッセージ等を
║お伝えします。

║〇各職種について先輩社員から説明
║実際に業務を行っている社員から、より詳しい
║説明を行います。
║「より近い距離で」「生の声を直接」聞けます。
║質疑応答の時間もありますので是非積極的に
║交流してみて下さい。

║〇ランチミーティング ※4/24・5/8のみ
║会社の雰囲気を知っていただくため先輩社員との
║昼食をご用意しています。
╚─────────────────………
以上のプログラムを受けた上で申込みの意思が固まった人は、同日そのまま適正検査へ進みます。

エントリーシート・履歴書・成績証明書をご提出いただきますので、''当日必ずご持参ください。''

《会社説明会開催予定》※応募者参加必須
第1回 4月24日(月)10:00~ランチミーティングあり
第2回 5月 8日(月)10:00~ランチミーティングあり
第3回 6月19日(月)13:30~
第4回 6月26日(月)13:30~

〈参加申込みについて〉
各回とも事前申込みが必要です。
4/24開催回は4月18日(火)が〆切となっております。お早めにお申込み下さい。
5/8、6/19、6/26開催回も受付を開始しております。
http://www.niialsok-jinji.com/2018/seminar_list.html

お待ちしています!!
2018年採用ホームページへようこそ!
2016.12.1
ALSOK 新潟綜合警備保障株式会社の採用情報ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
いよいよ就職活動がスタートしますね。皆さんに良いご縁がありますよう祈念しております。
質問集
2016.12.1
ALSOK 新潟綜合警備保障株式会社の過去のガイダンスでの質問と回答を取りまとめましたのでご覧ください。

Q.配属先、職種は希望が叶うでしょうか?
A.例年2割程度は希望配属と異なるケースが出ております。企業は異なる職種が一つの目的達成に向かって連携を保ちながら運営されていますね。発想の転換で、職種に就職するのではなく企業に就職すると考えると職務経歴の中で職種間の異動や職位の変化に柔軟に対応できるのではないでしょうか。

Q.実際の警備活動を見たい。映像で上映してほしい。
A.警備という想像し難い職種ですのでお気持ちはわかりますが、ご契約先の情報や実際の警備活動を詳細に開示することは、機密保持の観点や場合によっては社員の活動に危険を及ぼすことになりかねないことから一般的な内容に留めておく必要があります。可能な範囲での開示となってしまうことをご了承ください。

Q.車の運転免許は必ず必要ですか?
A.車の免許が無ければ配属できない職種の方が多いとお考えください。警備は警備車両を営業は営業車両、技術は技術車両を運転することになります。特に警備車両を運転するときに初心者マークを掲示していたらどう思われますか?但し、免許を内定後に取得した方もいますので一概に必ずとは言えません。

Q.希望職種、希望勤務地はエントリーシートではなく後日提出がいいと思う。
A.当然の疑問ですね。エントリーシートに記入するためには少なくともその企業の具体的な業務や情報を収集しなければ書けないと思います。「仕事内容を知らない調査もしないで入社が決定してしまった時のミスマッチを避けること」それがこの時期に記入していただく目的なのです。実際の配属希望は内定段階で再度調査することにしています。

Q.運動が不得意、職種に関する専門知識がない人材でも働いていけるでしょうか?
A.当社の職員全員が体育会系ではありません。中には運動が苦手な方もいますが立派に警備員として活動しています。配属を受けた職種に応じて先輩社員がマンツーマンでインターン教育を行いますのでまったくの未経験でも大丈夫です。

Q.安心教室はどんな職種の方が授業をしていますか?
A.入社から5年目までの社員で全職種から人選をしています。基本的には任期を3年間として順次入れ替わっています。企業の社会的責任として行っている活動でありメンバー構成はあらゆる職種から人選して行っています。但し事業としてではなく企業ボランティアとしての活動ですので小規模な人選と継続的な活動を目指しています。

Q.警備職は普段から訓練などがありますか?研修が厳しいと聞いたことがあります。
A.警備業法という法律に基づいて座学での講義、実技訓練などが義務化されています。但し毎日行うわけではありません。年間16時間以上が指定時  間です。新入社員研修は5日間の宿泊研修です。例年行っていますが最終日の作文には厳しい中に優しさがあり連帯感が生まれた等、終了したときの研修生の清々しい表情が印象的です。

Q.警備職は残業があるのでしょうか?残業代は?
A.現在の警備職社員は月間基本労働時間(所定時間)を月間162~176時間(月によって異なります)として設定した上で、平均40時間程度の所定外が出ています。この部分については法令に基づいて1.25倍した賃金を上乗せして給与反映される仕組みです。

最後に、特定職種にだけ興味がありそれ以外の仕事には携わりたくないと職種を限定して考えておられる方も見受けられます。非常に残念な考え方だと思います。ご自身の可能性の芽をはじめから狭めているのではないでしょうか。企業は様々な職種に携わる人が連携しながら進むべき方向にベクトルを合わせて仕事をしています。それをまとめ上げるには全ての職種に対する理解と尊重する姿勢が必要です。「それは自分の仕事ではないから」と背を向ける方は次第に企業の中で孤立してしまうのではないでしょうか。今一度ご自身の仕事観を見つめ直して見ませんか?
イベント開催情報